歯周病といえば成人の80%以上が患っている国民病の一つ。現在でも完治させる特効薬はありません。

改善するには歯科での歯石除去ラッシング生活習慣の見直しをすることが重要と言われています。

特効薬が無いのにほとんどの人が患ってしまう歯周病。

「ブラッシングや生活習慣を改善しているけどなかなか治らない…何かいい方法はないだろうか‥」

ブラッシングや生活習慣改善以外に歯周病を改善する方法はないのでしょうか?

実は、歯周病には民間療法が高い効果を発揮すると言われています。
植物エキスなどを使用したセラピーなので安心できるし、気になる効果もしっかりあるようです。

今回はその方法を5つご紹介!

ココナッツオイルでのオイルプリング

インドの伝統医学「アーユルヴェーダ」をご存知でしょうか?

世界三大伝統医学のひとつであり、アメリカを始めとした「天然志向」の人たちに愛用されています。いくつかの治療に関しては「科学的に効果がある」と証明されるほどです。

そんなアーユルヴェーダの歯周病対策として「ガンドゥーシャ」と呼ばれるものがあります。今回ご紹介する「オイルプリング」は、ガンドゥーシャを元にした健康法です。

オイルプリングは植物性オイルを使ったオーラルケア方法で、日本の女性に絶大な人気を誇るモデルのミランダ・カー道端ジェシカも実践して話題になっています。

本場のインドではゴマ油を使って行いますが、抗菌作用のあるココナッツオイルを使用する方が歯周病に効果的です。

具体的には「オイルで口をゆすぐ」だけなのですが、元々はインド古来から伝わる由緒正しい健康法。植物性オイルさえあれば簡単に実践できるので、気軽に試してみてはいかがでしょうか。

注意が必要なのは、オイルは食品なので、虫歯の原因になることがあります。オイルプリングをした後はきちんと歯磨きしてオイルを落とすようにしてください。

オイルプリングのやり方は
1.小さじ2杯分くらいのココナッツオイルを口に含む

2.オイルを口の中でよく動かす(歯と歯の間に勢いよく)

3.10分~20分続ける(唾液と乳化させることが大切)

4.ビニールや紙に吐き出す(油を洗面所に流すと詰まります)

5.水で口をすすぐ

歯周病や歯肉炎の予防改善の効果があるというのはココナッツオイルにラウリン酸という物が含まれているので、抗菌作用に優れていて歯周病菌などの細菌の繁殖を抑えてくれるのです。
アイルランドの大学の研究チームによる実験で、オイルプリングが虫歯の原因であるバクテリアの成長を抑えるという結果が出たとの報告もあるのです。
天然素材で歯周病や虫歯の予防ができるのは嬉しいのですが、あくまで食品ですので歯に付いたままでは雑菌になりますのでその後しっかり歯ブラシした方が良いですね。

クローブエキスで患部を殺菌

クローブは日本で丁字と呼ばれており、フトモモ科の植物チョウジノキの花が咲く前のつぼみを乾燥させた香辛料のことです。インドや中国では昔から殺菌・消毒液として使用されてきました。

殺菌と香りづけの2つの効果があり、カレーや肉料理、チャイの香り付けなどに良く使用されています。

歯周病に効果があるとされるのはその抗菌効果で、歯周病菌や虫歯菌の増殖を防いでくれます。さらに鎮痛作用もあるので歯が痛む時にも効果を発揮し、口臭まで抑えてくれるというすばらしい植物なのです。

クローブの使用方法を2つご紹介します。

少量のクローブの実をホワイトリカーに漬け込む方法

ホワイトリカーに漬け込んで4日ほどたつと使用できます。水で薄めて口をゆすいでください。
口内がとても爽やかになります。

クローブオイルとオリーブオイルを混ぜて塗る方法

少量ずつ混ぜ合わせてコットンなどに浸して、患部に当ててください。
30分程置いたら歯磨きをしてオイルを落としてください。(オイルは食品なので虫歯の原因になることもあります。)
オイルは料理にも使えます。香りがよくおすすめです。

没薬(もつやく)を患部に塗る

没薬とは、ムクロジ目カンラン科コンフォラ属の樹木からとれる植物性のゴムの樹脂のこと。ミルラとも呼ばれ、ミイラの防腐処理に使われていたことからミイラの語源とも言われています。

殺菌、鎮痛、鎮静効果があるので歯周病にも効果的とされます。
使用方法としては歯磨き粉やガム、エッセンシャルオイルでオイルプリング、直接エッセンシャルオイルを塗り込む等で、漢方薬局やポプリを販売しているお店などで購入できます。

没薬には子宮を刺激する作用があるそうなので、妊娠の可能性がある方は使用しないでください。

マスティックを摂取する

マスティハの樹液

マスティックと呼ばれる、ギリシャのヒオス島に自生するマスティハの木の樹脂に、「歯周病菌」「虫歯菌」などの菌を殺菌する効果があるとの発表が最近注目を浴びています。

マスティハは古来から秘薬として珍重され、ヒオス島では共同体を作って長い間守ってきました。今ではたくさんのマスティック製品が輸出され、世界中で人気を集めています。
ガムやキャンディー、歯磨き粉、オイルなどがあり、私もマスティックの配合のサプリを愛用中です。
記事はコチラ

ピールでステインを除去

アフリカやインドなどの国で、歯ブラシ替わりに使われているピールの木。
ピールには天然のホワイトニング効果があるとされ、研磨剤では無く木の繊維が、歯に染み付いた色素を落としてくれます。

ステインのざらつきにはプラークが付着しやすくなるので、ピール成分が配合された歯磨き粉やホワイトニング剤でステインを除去することは歯周病予防に繋がります。

研磨剤や硬い歯ブラシは歯や歯肉を傷つけるので、自然成分で優しくステイン除去できるピールのすごさがクチコミで話題になっています。

【まとめ】民間療法は歯周病予防にピッタリ!

いかがでしたでしょうか?

ナチュラル志向の方も効能を求める方も、簡単に手に入り、気軽に出来るものがほとんどですので一度試してみてはいかがでしょうか?きっと自分に合ったものが見つかると思います。

私と一緒に、自然成分で歯周病を予防していきましょう!