口の病気の中で一番有名で、一番怖いのが「虫歯」。一度発症すると歯が痛くてつらいですよね。

子供の頃、あの「キュイイイイイイイイン」という音が怖くて仕方がありませんでした。

しかも、歯を抜くとき麻酔が全然効いていないのに抜歯したという・・・。

大人になっても虫歯だけは避けたい。

その為には予防が大切なのですが、「虫歯予防=歯磨き」だけだと思っていませんか?

そんなアナタの為に「厚労省のデータ」を用いた最新の虫歯事情についてご紹介。

この情報を知らないと、高齢者になって「歯磨きしたのに虫歯になってしまった…」と嘆くことになるかも…。

虫歯とは虫歯菌による「歯の環境破壊」の結果

環境汚染

そもそも虫歯って何なのでしょうか?

虫歯とは、口に住んでいる悪い細菌が歯を溶かすことで発生する病気のこと。医学的には「う蝕」(う蝕にかかった歯のことを「う歯」)が正しい名前とのこと。

昔は「歯」に小さな「虫」がいるので発生したと考えられていました。

歯を溶かす悪い細菌である「ミュータンス菌」は糖分が大好き。歯についた食べ残しの糖分を食べて増殖します。

しかも、プラーク(歯垢)というネバネバして中々取れない強力なコロニー(国)を形成しており、そこに他の菌と共に生活をしています。

ただ菌が生活しているだけなら問題はありません。問題なのはこの菌が出す物質。

菌が糖分を食べると「乳酸」というゴミを出しますが、これが歯にとって有害。歯を溶かしてしまうのです。その溶けて結果が虫歯ですね。

 虫歯菌は人間の生活と同じ です。人間もコロニーを生成して人口が増える。その結果、生み出した「ゴミ」によって地球環境を破壊。「砂漠化」や「汚染物質」を始めとした虫歯が生まれるのです。

虫歯菌に知能があれば「ゴミをリサイクル」などして歯の環境汚染を防いでくれたのでしょうに・・・。

虫歯菌の出す乳酸が虫歯を引き起こすメカニズム

ではなぜ乳酸が歯を溶かすのでしょうか?

乳酸というのは元々筋肉が疲労を感じた時に発生する物質であり毒性はありません。ただ、歯と乳酸の相性が致命的に悪いだけ。

歯はエナメル質という物質からできています。このエナメル質が乳酸に触れると「脱灰」という現象が起き、溶けてしまいます。

この脱灰は口の中のph(アルカリ性・酸性の値)が酸性になっている時により強く発生します。

間食は虫歯の元」だと聞いたことはありませんか?

口の中は通常phが中性なのですが、食事をすると酸性になり虫歯が加速します。

その後、唾液の効果で中性に戻っていくのですが、間食をしてしまうとまた酸性に戻ってしまう+更に虫歯菌にエサを与えてしまうので「間食は虫歯の元」なのですよ。

食事による口の中のphの変動

引用元:新潟県長岡の歯医者 まつむら第二歯科

ここまでの話を「5行」でまとめると・・・
  1. 虫歯は「ミュータンス菌」という虫歯菌が引き起こす。
  2. 虫歯菌は人間と同じように「プラーク」という歯磨きに対して防衛能力を持つ国を作り、「糖分」というご飯を食べて「乳酸」というゴミを出す。
  3. 乳酸は歯と相性が悪く、歯の成分を溶かしてしまう=虫歯になる。
  4. 虫歯は口の中が酸性になると促進される。間食ばかりだと口の中がずっと酸性なので虫歯になりやすくなる。
  5. 唾液は口の中を中性にしてくれる。

虫歯の予防は一に歯磨き二に噛み噛み

歯磨き

ではどのようにすれば虫歯は防げるのでしょうか?

当然ですが、一番の予防は「歯磨き」です。歯を磨くことで「虫歯菌に栄養を与えない」「プラークを破壊できる」という2重の効果が期待できるから。

二か月に一回は歯医者さんにお願いして口の中の掃除を行うと、まず虫歯になることはありません。

二か月に一回の理由は「初診価格にならない頻度」だから。3か月たつと同じ歯医者でも初診料を取られる可能性があります。

ですが、歯医者に行く余裕のない社会人の方も多いです。その場合はガムを噛みましょう

先ほど、「虫歯は口の中が酸性になると加速する」「唾液は口の中を中性にしてくれる」と解説しました。

ガムには唾液の分泌を促す効果がある為、口の中が早く中性に戻るのをサポートしてくれるのです。

また、ガムが食べかすや口臭の元を吸収してくれるという副産物もうれしい効果。

私は歯周病を持っているので、歯周病の人向けのガムを毎日噛んでいます。

ここまでの話を「3行」でまとめると・・・
  1. 歯磨きは虫歯菌に対して「エサを奪う」「巣であるプラークを破壊する」という2つの効果がある
  2. ガムを噛むことで口の中を「虫歯菌が活動しにくい」中性をキープしてくれる
  3. 歯周病の人向けのガムを噛むことで、口の中の健康を強くサポートしてくれる。

虫歯菌は生まれつき存在しているわけではない

赤ちゃんの歯磨き

放置すれば歯が溶けてしまう虫歯ですが、赤ちゃんは虫歯にかからないってご存知でしたか?

虫歯菌は口内感染によってうつる伝染病であり、生まれたばかりの子供の口の中には一切虫歯菌がいません。

ではどうやって感染するのかというと、「親」による食事など(母子感染)。なので最近では「子供に食事を与える場合は口移しなどはしないでください」と注意されるようですよ。

さらに、虫歯菌に感染する時期によっても虫歯のなりやすさが変わってくるようです。

スウェーデン・イエテボリ大学(世界でもっとも有名な予防歯科大学の1つ)での研究では2歳までに虫歯菌の感染が無かった子供が4歳になった時の虫歯の本数がわずか0.3本でした。

一方で2歳までに虫歯菌の感染があった子供が4歳になったときは、虫歯の本数は、5本もありました。虫歯の本数になんと16倍の差ができたのです。

引用:2歳までが虫歯予防の効果を最大に発揮する? |一般社会法人  歯の寿命をのばす会

なので、親は可能な限り子供の虫歯菌の感染を防ぐことが何よりも大切なのですよ。

「そんなこと言ったって、大人になった後では対策のしようがないなら…」そう考えていませんか?

厚労省のデータを用いた「虫歯になりやすい年代」

実は、最近は虫歯の患者数が格段に減っているのですよ。

下記の図は厚生労働省が調査した平成28年の歯科疾患実態調査結果の資料になります。

年代別のう歯(虫歯)を持つ人の割合(厚労省調べ)

上の図は平成5年(1993年)から平成28年(2016年)までの虫歯を持つ人を年代別に分けたものです。

こうしてみると「34歳以下」では現代の人が、「65歳以上」は昔のほうが虫歯の数が少ないことがわかりますね。

この理由ですが、「現代人は虫歯の予防や治療法が確立している」「昔の人は虫歯になりやすい食べ物を食べていなかった」という理由があります。

1999年の高齢者の多くが戦前の人であり日本らしい生活をしてきました(85歳の人が1914年生まれ。終戦時31歳)。

ですが2016年の高齢者は戦後の生活がメイン(85歳の人が1931年生まれ。終戦時14歳)。この年代以降、欧米風のお菓子が日本に入ってきて虫歯の人が増えてしまったのです。

戦後の食糧不足が解消されて砂糖が自由に手に入るようになり、海外からコカ・コーラなどの清涼飲料水が入って来たことで、日本人の砂糖の摂取量が飛躍的に増加したことでした。一方で、日本人の口腔(こうくう)ケアに対する意識は低く、長い間「歯磨きは夜寝る前に1回」が常識とされていました。

その後、虫歯の研究は発展。磨きの重要性や効果的なうがい薬や歯磨き粉が登場し「若い人ほどしっかり予防と対策」が行われるようになったのです。

高齢の人は「現代の治療法」に沿って治療を行うことが何よりも大切なのですよ。

ここまでの話を「4行」でまとめると・・・
  1. 「戦前の人」と「現代の人」ほど虫歯に対して耐性がある。
  2. 戦後の高度成長期では「欧米風の食生活」と「歯に対する意識」がなかったため虫歯になりやすい体質になってしまった。
  3. 虫歯菌の感染が遅れれば遅れる程虫歯に対する耐性が付く。
  4. 高齢者ほど現代医学の歯科治療を優先すべき

【まとめ】今からでも遅くない!最新歯科医療で虫歯を予防しよう

虫歯に対する予防対策は早ければ早いほど効果があります。

一度虫歯になってしまうと治療する手間が発生。最悪の場合歯が無くなってしまうことも。

「ここ数年歯医者に行ってないな・・・」

と思った方は休みの日に検診することをお勧めします。

また、普段からガムを噛むことで口の中を「虫歯になりにくい環境」を作ることも大切です。

特に私が利用しているガムは歯周病対策効果があるので、80歳になっても歯を健康に保ちたいと考えているなら絶対オススメですよ。